私の本棚

以前、前職のパートのお姉さまに「ヘミヤマさんは、本、お読みになる?」と聞かれた。読みますよ~(時々)、と返事をしたらも、う読み終わった本がたくさんあるから、もらってくれないかということだった。

自分で選ぶ本はどうしても自分が読みたい本だけになってしまい、好きな作家のものばかりが並んでしまう。誰かが選んだ本を読む機会って意外に無い。なのでその申し出はとてもありがたかったし、どんな本があるのか楽しみだった。

 

いただいてびっくり。なんと発売から1年以内の本ばかり15冊ほど。いやいやこんなに?ブックオフで売って錬金したらまた新しい本が買えるのに、本当にいただいちゃっていいんですか、とビビってしまうほど。しかも全て美品。

いいのよぉ~読んでくれる方にもらってもらった方が、とおっしゃいますけれども。…すみません…(私、そこまで熱心な本の虫というわけではないんです…!)ありがたく頂戴いたします……!

 

果たして、テレビ台兼本棚にしていた棚の中が、ほとんどいただきものの本になった。

ブレイディみかこの「僕はイエローでホワイトでちょっとブルー」「ワイルドサイドをほっつき歩け」、柚月裕子の文庫3冊、アンソニーホロヴィッツの「メインテーマは殺人」「その裁きは死」、林真理子のエッセイ、中野信子ヤマザキマリの共著、など。

自分では絶対に選ばない本ばかりで、これにはテンションが上がった。

新たな本が一度にたくさん加わり、私の読書欲も湧いた。最初に読んだのは、中野信子ヤマザキマリの共著「パンデミックの文明論」。まさに新型コロナウィルスが世界にものすごいスピードで広がっていた時に出された本で、身近なテーマと二人の女史による対談形式の一冊。非常に読みやすく、パンデミックにおける東西の文化も面白い。

https://tinyurl.com/2jouqgjo

 

この本を読みながら、並行してずっと枕元に置いていた読みかけの本も読んだ。「村上海賊の娘」の第二巻。

ずっと枕元に置いていたのは、決して海賊の夢が見たいからではない。言い訳だが、戦闘シーンが長すぎる。小休止をして他の本に手を出すと、この登場人物はだれだっけということになる。それだけじゃない。この人物の名前の読み方ってなんだっけ、となるのだ。知らない人たちが戦って、読めない名前の人が豪快に武器を振り回す。なんだよ村上海賊の娘、戦闘を見て怒ってるだけか。ねぇ、「七五三兵衛」って、なんて読むの、だれか教えて~と心で叫びながら、文庫の最初の登場人物一覧に戻る。

「しめのひょうえ」。読めないって。

 

パンデミックの文明論」と「村上海賊の娘」第二巻をようやく読み終わり、次に手にしたのが「枕草子のたくらみ」。いやあー正直、全然興味ない。興味は無いけれど読んでおきますか、いつか枕草子の内容に触れながら会話してたらかっこいいし。

そんなお気楽な気持ちで本を開いて86ページまで進んだ。それから多分3か月くらい、また枕元に置いている。決して枕草子の夢が見たいわけでもないし、枕元に枕草子~ププ~!みたいなお寒いことでもない。いい睡眠導入剤であることは確かなのだが、導入剤としての機能が優秀すぎるがゆえに、つまりはそういうこと。ヤクルト1000より健やかに眠れるかもしれない。

 

本棚にはまだ読んでいない本がたくさんある。どうにか早く「枕草子のたくらみ」を読み終えて、次の本を読みたい。「村上海賊の娘」の第三巻はまだ買っていないので、しばらく第二巻までで私の中では完ってことで。

 

 

 

✍️「今週のお題」本棚の中身